<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

虫を呼ぶ花

今まで、お店の前のプランターで色々な花を育ててきましたが
これほど、たくさんの虫を呼ぶ花は 初めてです。

ペンタス 茜科の多年草
b0078729_12294415.jpg
 

まず、蟻がたくさん寄ってきて ビックリしたのですが
そのうち
羽のついた虫達も、たくさんやってくるようになりました。

今日は、ほらっ!
小さな蜂が、やってきて
逆立ちして 蜜を吸っています。

10月頃まで、次々と花を咲かせるそうで
長く 楽しめますね♪~



人気ブログランキング に登録しています。応援クリック よろしく(^-^)/
[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-31 12:55 | 花・ハーブ

楽しいルームコロン

今日は、第8期のアロマ講座の3日目です。
実習は、 「オリジナル ルームコロン」

リフレッシュ効果を持つ精油を使って作るのですが、
まず、自分の願いを込めてネーミング。それに合わせてレシピを考えます。

生徒さん達は、あれこれと
い~っぱい時間をかけて、名前やレシピを考えていましたよ。
心楽しい時間です♪~

ようやく決まると、あとは早い!
そうして 作ったラベルまで、オリジナル感あふれるものでした。
素敵なので、ちょっと ご紹介いたしましょう!(無断で?(笑))
b0078729_1943766.jpg

       『海とフルーツの島』 因島のキャッチコピー?
          グレープフルーツ、ペパーミント、レモン
       『Yellow Green』 この香りを色に例えたら・・・
          レモン、ローズマリー、ユーカリ
       『身も心もキレイスプレー』 綺麗を目指す気持ちを応援!
          グレープフルーツ、ティートリー、レモン
       『For After Lunch』 昼食後の職場の眠気をリフレッシュ!
          ジュニパー、ローズマリー、グレープフルーツ



人気ブログランキング に登録しています。応援クリック よろしく(^-^)/
[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-29 19:51 | アロマテラピー

豆腐屋ジョニー

風に吹かれて豆腐屋ジョニー 

b0078729_1525582.jpg







我が家にも、やってまいりました。



以前から、テレビで話題になっているのを見て、気にはなっていたのです。
生協でも取り扱いが始まったので、早速 今日の朝食にいただきました。

普段食べてるお豆腐とは、全然違ったクリーミーさ!
濃い豆乳を、そのままふんわり固めたような感じ。

冷奴には、みょうがを薬味にしたのが好きなのですが
そんなバリバリした食感は、ジョニーには似合いそうもありません。
なので、山葵醤油にしてみましたよ。
ふ~~む 生の魚の白子にも似た 濃厚な味わい♪



人気ブログランキング に登録しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-28 15:29 | 食べ物

ガスール

ラベンダーツアーによる日焼けは、すでに私の皮膚上に長期滞在の様子を示していますが
少しでも早い回復を願って、昨晩もせっせとクレイパック♪~

レシピは
ガスール、ラベンダー水、ラベンダー油、ローズヒップオイル
b0078729_1559475.jpg












私の使うクレイは、ほとんどガスールです。
モロッコ産の粘土で、使った後にしっとり感があるのです。


今年の2月にモロッコに行って、初めて知ったのですが
「クレイ」のことをアラビア語で「ガスール」と言うそうです。
だから、モロッコ産のクレイを固有名詞のように「ガスール」と呼ぶのですね。

現地ガイドさんのお母さんは、顔も髪も体も、み~んなガスールで洗ってるそうですよ。
そのガイドさんの案内で、アトラス山脈から採取したガスールを手に入れたのですが
これが、日本で売られているような粉状ではなく、小さな石のカケラ・・・

b0078729_155942100.jpg









パックに使えるようなペースト状にするには、ちょっと時間がかかります(^-^;



人気ブログランキング に登録しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-27 16:03 | アロマテラピー

ラベンダー水の香り

b0078729_12193360.jpg








ファーム富田で買ったラベンダー水です。


ラベンダーツアーから、すっかり日焼けして帰宅した私は
これで、クレイパックを作ったり、そのまま化粧水として使ったりしていますが
ラベンダー油の柔らかな香りとは違って
鮮烈な草の息吹そのまま 本当に効きそうな香りがします。

芳香蒸留水って、同じハーブから取れる精油と、香りが似ているとは限らないですよね。
親油性のものと、親水性のものとは、成分が違いますから。

でも例えば、ローズ水の場合、薔薇らしい香りが水に溶けやすいので
ローズ水も、ローズ油と同じような香りで、お得感があります(*^-^*)
ネロリ水も、そうですよね。ネロリ油と似た香り。

でも、このラベンダー水は、ラベンダー油とはかなり印象の違った香りです。
どちらかと言うと・・・
蒸留したてのラベンダー油に近い香りかな?

精油というのは、製造後しばらく置いて熟成させてから、市販されるわけで、
ファーム富田でも、夏に製造したラベンダー油を来春まで地下室で寝かせておくそうです。


実は
このラベンダー水 当日 ショップには置いてなくて
「まだ 製造販売する予定はありません。」と説明され
あきらめながら、蒸留所の脇を通り過ぎようとして ふと見ると
出来立ての蒸留水に、ラベルを貼りながら、販売を始めたところだったのです。

製造販売していた人の話によると
このラベンダー水は、冷蔵庫で保存すれば、1年はもつということですが
香りの変化というのは、ほとんど無いそうです。

うふっ 試しに1本だけは、封を切らずに、1年後まで残しておきましょ♪


人気ブログランキング に登録しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-26 12:33 | アロマテラピー

ラベンダー リン酢

前に、パウダーリンスをご紹介しましたが
いつもは、石鹸シャンプー後のリンスに使うのは
ハーブをインフューズしたりんご酢です。
しばらく置いたものを、コーヒーのドロッパーで漉して使っています。

今回は
富良野で買ってきたラベンダーを漬けてみました。

b0078729_12103310.jpg











これまで使ったハーブと言えば、ラベンダー以外に
ローズマリー、カモミール
ヘアケアーの定番ハーブですね(*^-^*)

石鹸シャンプーで、ギシッとなった髪が
このリン酢で、スルスル~と、滑らかに柔らかくなる瞬間が好きです♪


人気ブログランキング に登録しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-25 12:16 | アロマテラピー

バラの谷

今朝のNHKのテレビ番組です。

ブルガリアのバラの谷「カザンラク」で
ローズオイルが蒸留されている様子が放映されていました。

取材を受けているのは、去年 ブルガリア旅行でお邪魔した蒸留所でした。
若いハンサムな社長さんが、インタビューに応えています。
「3.500kgのバラの花から、1リットルしかローズオイルは取れないのです。」
懐かしい♪~


番組では、歴史的な古い銅釜でローズオイルを蒸留しているような説明でしたが
実は、ニュアンスが違っています。

現在、ローズオイルを製造するのに使われているのは、
最新式のステンレスの釜を使った蒸留所のほうなのです。
b0078729_1311430.jpg
緑の芝生の美しい蒸留所でした。


私は、去年ここに来て初めて知ったのですが・・・

芳香蒸留水というのは、精油を作る時の副産物として出来るという風に習うでしょ?
ここの新しい蒸留施設では、出てくる芳香蒸留水を、精油と一緒に取り出すのではなく
蒸留釜を循環させているのです。
蒸留水の中に微量に含まれる精油成分を、無駄なく搾り取るためです!

そうして、芳香蒸留水を製造する時には
共産党時代に、博物館として接収されていた銅釜の古い蒸留所を使用するのだそうです。
(もちろん、その時にも精油は取れるでしょうが・・・)
b0078729_13105092.jpg
同じ敷地内にある古い銅釜の蒸留所です。


ちなみに
ステンレスの蒸留釜の方は、綺麗に洗えば、ローズの香りも取れるので
季節ごとの違ったハーブの精油の蒸留にも使われるそうですよ。


去年のバラ祭りツアーの様子です。 →コチラ
(ステンレスの蒸留釜&銅の蒸留釜が見れますよ)


人気ブログランキング に登録しています。



**************************************
7月の手作り講習会は ラベンダー特集
 1.スキンケアセット
 2.香水セット
    
講習料:各1.500円
詳しくは、→コチラ
***************************************


[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-24 13:24 | アロマテラピー

重曹の威力

今日、台所のガステーブルの周りを掃除しました。
こびりついた(!)汚れを、ボンスターで落とそうと思ったのです。

ボンスター=スチールウールに強力なピンクの洗剤をまぶしているものです。
ところが、まだあると思っていたボンスターが、見つからない。
そこで、重曹を使ってみることにしました。

頭では分かっていたのですよね。
油にアルカリを乗せるのだから、汚れ自体が石鹸となって
そりゃあ 汚れも落ちるわよねぇ~ なんて。。。

実際 その汚れの落ちようといったら、笑ってしまうくらい 素敵♪
思わず 娘にも声をかけて 共同作業をしてしまいました。
汚れを落とした後が、サラッとしてるのが嬉しい (*^-^*)

ついでに
買ったまま 一度も掃除した記憶の無い(恥) 冷蔵庫のてっぺんも
椅子にのぼって、試してみました。
黒いベールがゆるゆると 溶けていって、新品の輝き!(笑)

なるほど 巷で評判になる掃除法の威力を実感いたしました。



人気ブログランキング に登録しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-21 23:50 | 家事

おかむらさき

b0078729_2145107.jpgファーム富田のラベンダー油「おかむらさき」
真性ラベンダーと呼ばれる Lavandula angustifolia の1種で
学名は、Lavandula angustifolia 'okamurasaki'
枝ぶりが大きく、弾力性があり、広面積で栽培すると
丘一面紫に染まることから
「おかむらさき」の名がついたと言われています。

1990年南フランスのモンブランで開催されたラベンダー品評会で
第1位に認定されています。


キャップを開けて、直に鼻を近づけてみると
その香りの印象は、ずいぶん穏やかというか 地味というか・・・
それが、残り香になるにつれ、甘さが増してゆくのですよね。

白いエプロンのたすきに シュッと ひと塗り♪
その香りに包まれながら、心地よく過ごしました。

お店にいらしたお客様が 「いつも 良い香りねぇ これは何の香りですか?」
「色々な香りが混じった香りなんです。」と、いつもは応えるのですが
それにプラスして「でも・・・ 今日はラベンダーがメインかな?」


人気ブログランキング に登録しています。



**************************************
7月の手作り講習会は ラベンダー特集
 1.スキンケアセット
 2.香水セット
    
講習料:各1.500円
詳しくは、→コチラ
***************************************


[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-20 21:48 | アロマテラピー

パウダーリンス

ファーム富田さんでは、こんなものも買ってみました。
シャンプーとリンスがパウダー というところが気になったのです。

b0078729_16353971.jpgシリーズナチュラル トラベルセット
  パウダーシャンプー
  パウダーリンス
  ボディソープ



私はすでに、石鹸シャンプーとリン酢を使っていますが。
シャンプーの方は、固形のままか あるいは溶かして液体にして使ったり
リン酢は、りんご酢にラベンダーなどのハーブを浸出したものを使っています。

ただ、旅行にお酢を持ち歩くのになんとなく抵抗があって
でも、石鹸シャンプーには、リン酢は必需品だし・・・ というわけで
これまで旅行中は、市販の小さなシャンプーセットを使っていたのです。

パウダーリンスというのは、つまり クエン酸そのもの。
クエン酸でリンスする方法も、もちろん知ってはいましたが
これも、なんとなくの抵抗感から、これまで使ったことがなかったのです。

実際に使ってみると、りんご酢と比べても、使い劣りはしないようです。
精油を混ぜるのも簡単ですよね。

これからは旅行の時にも、手作りの固形石鹸とクエン酸で、身体中OKです♪~

あ、パウダーシャンプーは、まだ使っていないのですが
溶け易く 中空状の粉になっているようです。
家庭でこのような製剤はむりなので、固形のままで、良し としましょう (*^-^*)


人気ブログランキング に登録しています。



**************************************
7月の手作り講習会は ラベンダー特集
 1.スキンケアセット
 2.香水セット
    
講習料:各1.500円
詳しくは、→コチラ
***************************************


[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-18 16:43 | アロマテラピー