「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:漢方( 63 )

漢方研究会

今年初めての 岡山漢方研究会
b0078729_1944313.jpg


今日の無料公開講座は
こんなにたくさん ・・・ 60名以上の参加者です。


私が参加し始めた頃は
参加者は、20名に満たないくらいだったのに
数年前から 毎回40名前後だそうです。

・・・だそうです って? (^m^*


福山から出席するには
高速に乗っても、1時間半かかるし
福山にも漢方研究会はあるので、次第に足が遠のいていたのですよね。。。


でも
私のかつての恩師も、時々は講師に来て下さるそうですし
高速料金も半額になったことですし
今年は頑張って、皆勤を目指しましょ♪

今日は初めての参加者のための入門講座
繁用される漢方薬 「大建中湯、芍薬甘草湯、当帰芍薬散」 の解説や試飲


なぁ~んだか
古巣に帰った心地良さがあるのですよね (*^∇^*)



b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ


************* 各種アロマ講座 ************

★ アロマテラピー入門講座
★ アドバイザー課程
★ 2月のアロマカフェ

    ホームケアに生かす漢方の知恵

              詳しくは、こちらです。

**************************************
[PR]
by kanpoaroma | 2011-01-23 19:52 | 漢方

生薬のお風呂

最近 寒い日が続くと思っていたら
今日は、寒の入り「小寒」

ほぅ~っと温まる 生薬のお風呂に入りましょう。
b0078729_16225388.jpg


当帰(とうき)
地黄(じおう)
艾葉(がいよう) ← よもぎ

精油のアロマバスも良いけれど

たまには
コトコト煎じて作る 生薬のお風呂もねっ
お肌もしっとり 温まりますよ~ (*^-^*)



b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ



************* 各種アロマ講座 ************

★ アロマテラピー入門講座
★ アドバイザー課程
★ 新春のアロマカフェ

    Ayaさんの書き下ろし

              詳しくは、こちらです。

**************************************
[PR]
by kanpoaroma | 2011-01-06 16:26 | 漢方

生活習慣・食習慣

岡山漢方研究会で、新しいカリキュラムが始まりました。
「食から学ぶ中医学」

ホームケアとしての 「漢方&アロマ」 を大切にしたい私にとっては
願ってもない展開です♪

しかも、それを担当する中医師のT先生は
8年ぶりの、講師カムバック!

私が、この研究会に参加し始めたころ
漢方の奥深さを教えてもらった、懐かしい先生です。


さて、その第1回目の講座は、こんな風に始まりました。

T先生が来日したのは、ちょうど20年前

アトピー性皮膚炎の患者さんを治療しようとして
中国でのイメージをそのまま持ってきても、効果はあがらない。

その頃は、日本人の食習慣を良く知らなかった。

当時の中国では、冷蔵庫の普及率は1%未満で
冷蔵保存する習慣もなく。水は沸かして飲む。香辛料の多い食事。

中国での湿疹は、「湿 + 熱」 のタイプが多い。

それに対して、真冬でもレストランで氷水が出される国
日本の生活に馴染み、その食習慣もわかってくると
「熱」 よりも、「寒」 の問題が多い。

最近は、中国でも食習慣が変化してきて
それによって、病気も変化してきているようです。



実を言うと
最近は、どんどん岡山が遠くなってきていて
ほとんど欠席がちだったのですが

これからは、心を入れ替えて
皆勤を目指します (*^∇^*)/


b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ
[PR]
by kanpoaroma | 2010-12-21 21:39 | 漢方

続・加減方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               なるほど!漢方講座 【 32 】 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

久しぶりの漢方メルマガの発信です。

前回、「加減方」 について、お話してから
半年が経過してしまいました (^m^*

もうすでに、前回の内容はすっかり忘れておられるでしょうが
それでも、わかる! 「続・加減方」 をお話しいたしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  続・加減方 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回の内容 「加減方」 で紹介した漢方薬は

★桂枝湯 けいしとう
★葛根湯 かっこんとう
★麻黄湯 まおうとう
★桂枝加芍薬湯 けいしかしゃくやくとう


このうち、初めの3種類は、感冒薬として用いられるものです。
四つ目は、腹痛の漢方薬。

生薬の加減によって、どのように働き方が変化してゆくのかを
「発汗」をキーワードに、お話しようと思います。


話をシンプルにするために まず
処方に含まれる生薬の一部を(括弧)で閉じてはずしますね。

★桂枝湯:桂枝 芍薬 甘草 (生姜 大棗)
★葛根湯:桂枝 芍薬 甘草 麻黄 葛根 (生姜 大棗)
★麻黄湯:桂枝    甘草 麻黄 杏仁



★桂枝湯
主薬は、桂枝です。
発汗して、外邪を追い払う働きをしますが

体力虚弱で、すでに汗が漏れ出している場合
さらに強く発汗させると、体力を消耗してしまいます。
それを防いでくれるのが、「芍薬」です。

こういうことから
桂枝湯は、自然発汗や寝汗のあるカゼの初期に用いられます。


★ 葛根湯
加えられた麻黄は、桂枝よりも強い発汗作用を持ちます。

麻黄 + 桂枝 による相乗効果で発汗作用が強まります。
カゼの初期、汗もかかず、悪寒のある時に用いられます。

名前の由来となっている葛根には
肩や首の凝りを改善する作用があります。

イメージしてみてください
寒さで背中を丸めて縮こまっている様子を

そんな冬のカゼにぴったりの感冒薬ですね。


★桂枝湯:桂枝 芍薬 甘草 (生姜 大棗)
★葛根湯:桂枝 芍薬 甘草 麻黄 葛根 (生姜 大棗)
★麻黄湯:桂枝 麻黄 甘草 杏仁 



★ 麻黄湯
桂枝湯や葛根湯には含まれている
発汗し過ぎを抑える働きを持つ「芍薬」が、含まれていません。

虚弱な人に元気をプラスして薬の効果を高める(生姜 大棗)も
除去されています。

逆にプラスされているのは
鎮咳・去痰作用を持つ「杏仁」です。

咳嗽・喘鳴を伴うカゼの初期に用いる薬ですが
すでに、汗の漏れ出しているような虚弱な患者には適さず

構成生薬の少ないぶん
シャープな切れ味の、カゼ薬と言えます。



★ 桂枝加芍薬湯 については、また次回 (*^-^*)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「なるほど!漢方講座」 定期購読のお申し込みは、こちらからお願いします★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by kanpoaroma | 2009-08-01 16:08 | 漢方

今年の花粉症

実は、私 花粉症です。

あれは、10年くらい前
突然 目の痒みに襲われました。

それ以来始まった 花粉症とのおつきあい (;_;)


それなりの予防をして
そんなに激しく悩まされることもなかったのですが
             …≫ 1年前の記事


今年は、とうとう 鼻にまでやってきました ( ´▲`)

そこで、お世話になっている漢方薬が
小青竜湯 しょうせいりゅうとう」 です。

花粉症による 水っ洟ズルズルの人に、お奨めです。
体を温めながら、水分代謝を改善してくれます。

西洋薬で眠気がきたり 鼻が乾きすぎて痛くなったり
と、お悩みの方は、ぜひ 一度 お試しください。


よく 漢方薬は長く飲まないと効かない イメージがあるようですが
その先入観を打ち消してくれるでしょう (*^-^*)b



b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ
[PR]
by kanpoaroma | 2009-03-19 17:30 | 漢方

加減方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               なるほど!漢方講座 【 31 】 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

漢方講座が滞っているなぁ~ と、思ってる間に
年が明け 気がつけば、一月半ばも過ぎ (^m^*

今年も、ゆるりペースとなりそうですが
よろしく お願い致します。


実は、先日の漢方研究会では
トリカブトの中毒を体験したのですよ?

詳しくは、こちらです。


そこで思い出したのは
私の登録している薬剤師MLでの
昔々の、漢方薬に関する質問です。

答えるべきは、私かな? と、思いつつ
なんとなく スルーしてしまっていた 「加減方」 について

遅ればせながら、こちらで(?)
そのことを、お話いたしましょう (^-^;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  加減方 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

基本的な漢方薬の処方に
一つあるいは複数の生薬を加えたり減じたりした処方を
加減方と言います。

例えば
★桂枝湯 けいしとう : 桂枝 芍薬 甘草 生姜 大棗
 虚弱体質の感冒に用いられる漢方薬ですが


漢方のカゼ薬として有名な葛根湯も
この桂枝湯の加減方の一つです。

★葛根湯 かっこんとう : 桂枝湯 + (麻黄 + 葛根)
 桂枝湯よりも、体力充実した人の感冒に用います。
 ぷわぁ~っと汗をかかせて、汗と一緒に邪を追い出します。


インフルエンザに有効な漢方薬として、最近注目されている
麻黄湯も、桂枝湯の加減方の一つです。

★麻黄湯 まおうとう :桂枝湯 + (麻黄 + 杏仁)
                  - (芍薬 + 生姜 + 大棗)


体温計では高熱を出していても
汗もかかず寒気がして、体の節々が痛むような時
葛根湯よりも、さらにシャープに発汗させて解熱させます。


葛根湯麻黄湯も、桂枝湯に新しい生薬が加味されていますが
すでに含まれている生薬が増量された加減方というのもあります。

★桂枝加芍薬湯 けいしかしゃくやくとう : 桂枝 芍薬 甘草 生姜 大棗
 含まれる生薬の種類は、桂枝湯と全く同じですが
 芍薬桂枝湯の倍量含まれていて、その止痛効果が発揮されます。

 適応症状としては、腹痛、過敏性腸症候群などがあります。



ところで
その薬剤師MLの質問なのですが

ある漢方の勉強会で紹介されたブシ剤(ブシを含む漢方薬)に
元々の処方よりも、はるかに多量のブシが使用されていたため

「これは、加減方ですか?」 と質問したところ
「加減方ではありません」 と、ドクターからの簡単な返答だけで・・・

これは、どう解釈したら良いのか? というような投稿でした。

    ブシ 附子 = トリカブトの根



私のトリカブト中毒の記事を読んで下されば推測できるでしょうか?


一般に用いられるブシは、しっかり修治(加工)されていて
毒性が低くなっている分、その効果も減弱していると思われ

ドクターによっては
元々の処方の効力を発揮させるため、患者の様子をみながら
あるいは、自身で味見しながら、ブシを増量してゆくことがあります。

そのため
重量の上では、加減方に見えても
力価としては、元々の処方に準じているということで
「加減方ではありません」 と、答えられたのではないでしょうか?



さて・・・
この記事を、件の薬剤師MLに投稿した方が良いかしら? (^m^*


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「なるほど!漢方講座」 定期購読のお申し込みは、こちらからお願いします★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by kanpoaroma | 2009-01-19 20:37 | 漢方

宝石を食べる

生薬名 紫石英 (しせきえい) と呼ばれる紫水晶
つまりアメジストを味見してみました♪~

b0078729_15485014.jpg


漢方薬の材料としては
ハーブ類だけでなく、動物薬や、鉱石類も使われるのですよ。

保険の適用される漢方薬の中にも
竜骨(りゅうこつ) : 大型哺乳類の骨の化石
牡蠣(ぼれい) : カキの殻  などが使われていたり

その他、磁石琥珀真珠なども。

何に効くかというと
重い鉱石だけあって、イライラっとくる焦燥感、精神不安などを
どしっと鎮めてくれる 精神安定作用があるのです。


別に わたくし
特にイライラと、精神不安に陥ってたわけではありませんが

宝石を食するなんて
あまりない機会ですもの♪~


味・・・・・
砂というか 石というか ま、そんな感じ? (^m^*



b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ


あ゛ 
アメジストなどと きどってしまいましたが 

実を言うと、最近は
紫色のフルオライトだったり
紫色の方解石などが、紫石英として、使われているようですの。。。
[PR]
by kanpoaroma | 2008-12-22 16:30 | 漢方

トリカブト中毒体験

漢方研究会では、色々な生薬の味見をします。

美味しいものなど ほとんどなくて (^m^*
最後の口直しに、大棗(なつめ)でもあれば、上々です。

先日は
珍しい未加工のトリカブトの根っこ(烏頭 うず) を味見しました。


トリカブトと言えば
かつて、保険金殺人疑惑ても話題になった猛毒のものですが

漢方薬としては、
そのトリカブトの塊根が、生薬名:ブシとして繁用されています。

温める作用が強く
悪寒の激しいカゼや、関節リウマチの痛み止めに有効です。

ただ、煎じ薬用、エキス剤とも
毒性を少なくした 加工(修治)ブシを用いるのが一般的です。



加工ブシ(それでも劇薬)なら、吉岡薬局にもありますが
未加工のものは、たぶん見るのも初めてです。

同じトリカブトの根っこでも、
母根(ウズ)の方が子根(ブシ) よりも毒性が強く

私は、もちろんウズを試食いたしましたよ ほんの小さなヒトカケ
解毒効果の甘草(かんぞう)を片手に・・・

すぐに、口の中がボワ~ッと 痺れてきました。
ヒトカケかじった その局所作用かなぁ~ と思いつつ

それ以上の体験はなくてもOK? ということで
解毒の甘~い甘草を またヒトカケ

それでも
しばらくは、舌先がピリピリしていました。


それ以上の不都合は 特に感じられず 今も無事です(^m^*


b0078729_170572.jpg
     私が味見したのは、この中の ほんの小さなヒトカケ


その時の参加者全員が味見したわけではなく
むしろ 味見したのは、少数派だったのかな?


あなたなら
こんな時 どうしますか?


b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ



************* 各種アロマ講座 ************

★ アロマテラピー入門講座
★ アロマグッズ 手作り講座
★ アドバイザー課程


              詳しくは、こちらです。

**************************************
[PR]
by kanpoaroma | 2008-12-03 17:15 | 漢方

アクセスアップのわけ

9月3日(水)のアクセス数が、日頃の2倍にもなっていました。
なぜでしょう??

その理由を ぜひ知りたくて、昨日(9月4日)
アクセス解析ができるという 「ネームカード」 を、早速貼り付けてみました。

9月4日のアクセス数は、かなり落ち着いたものの
日頃より、やはり多いのです。


トップにきた検索キーワードは
【抑肝散 認知症】

これは、9月2日(火)に放送された
NHKの 「ためしてガッテン」 の番組内容に関連したものです。

「予防効果8倍!アルツハイマー病制圧3原則」 の中で
アルツハイマーに効く漢方薬として、抑肝散(よくかんさん)が、紹介されたのです。

残念ながら、私自身はこの番組を観てなくて
薬剤師のメーリングリストで、情報を得ました。


この検索に反応したブログの記事は、2年前に書いたものですが
検索して来て下さった方達にとって
抑肝散への理解に、少しでも役立てば、嬉しいです。

2年前のその記事 「認知症の漢方薬」 は、こちらです。


b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ
[PR]
by kanpoaroma | 2008-09-05 11:47 | 漢方

筋肉痛の遅れるわけ

8月31日の専門セミナー終了後
再会した友人達と夕食をとりながらの話題で

慣れない運動をした後
若いうちは、次の日に筋肉痛がくるのに
年とともに、痛みが遅く くるよねぇ?
翌々日とか、もっと遅くに。

これは、漢方的にはどういうこと?


突然 尋ねられて
「漢方的に? ・・・どういうことかしら?」
と、あっさり流してしまいました。考えたこともなかったし。


そのことについて
あらためて 漢方生理学的考察をしてみました。

簡単に説明すると

筋肉疲労が、痛みになるのには、
そこに実邪(おけつなど)が形成されるから と考えると

年齢とともに、全体的にに傾いた状態では、
実邪が形成されるまでに時間がかかるため
筋肉痛も、遅ればせにやってくるのではないか? と。。。


実は、私も現在
遅ればせの筋肉痛を待っている状態です。

専門セミナー当日の朝
ギリギリの新幹線に飛び乗ろうと
長~いエスカレーターを 下から本気で駆け上がったのですが
途中でへたって ・・・・・ どうしても足があがらなくなってしまって (;_;)

ヘトヘトになりながら、その新幹線には、無事乗れたものの
心配していた筋肉痛が、2日経っても まだなのですよ?(-_-;


b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ


【注釈】
漢方で考える 命の3本柱は
「気 き」 「血 けつ」 「水 すい」です。
気は、エネルギー。目には見えません。
血は、血液 また肉体
水は、体の水分やうるおい

この3つが充分にあり、滞らずに流れている状態が健康な状態です。

気が不足すると、「気虚 ききょ」。 気が滞ると「気滞 きたい」
血が不足すると、「血虚 けっきょ」。 血が滞ると「けつお」
水が不足すると、「陰虚 いんきょ」。 水が滞ると「痰飲 たんいん」
と呼ばれる症状が現れます。

生理的な 「気」「血」「水」 とは違って
実邪とは、「気滞」「けつお」「痰飲」 など 病理的産物を指します。

[PR]
by kanpoaroma | 2008-09-02 15:59 | 漢方