カテゴリ:吉岡薬局( 26 )

薬剤師たるもの!

薬剤師ほど 薬の怖さも知っているので
やたらと薬頼みをすることは少ないと 思うのですが

さっき 知人(薬剤師)のブログに寄って
結構 無責任な書き込みをしてまいりました(^m^*)


カゼをひいたのに タカをくくって
薬も使わず 診察も受けず 1週間目に突入。。。

で、私の書き込みというのが
「薬剤師たるもの
 カゼかも? と、思ったときこそ
 日頃 投薬している品々に 我が身を捧げ
 人体実験をしなければなりませぬ!(^∇^)b」



ま、私の場合は、漢方薬に限りますが
体調不良はなくても、漢方研究会などで、色々な生薬、漢方薬の試飲をしたり
個人的にも、興味を持って 漢方薬を飲んでみることがあります。

だけど これって
新薬では、ちょっと 抵抗があります。。。

例えば、私が降圧剤を飲んだとしたら?
正常な血圧が下降して ふらふらと気分が悪くなり
下手をすれば、立ちくらみだって 起こしかねません。

例えば、私が利尿剤を飲んだとしたら?
しょっちゅう トイレに通うはめになるでしょう(--;


では、漢方薬は?
陰陽のバランスを調整するのが、漢方薬の醍醐味

証の合うヒト(その薬が必要なヒト)には、良く効き
証の合わないヒト(不必要なヒト)には、効果を発揮しにくい

そういう一面を持っているのです。

ただ そうは言っても
潤いの必要なヒトに、乾かす薬を与え続けたり
温めなければならないヒトに、冷やす薬を渡すようなことは
もちろん してはいけない事ですよ。


人気ブログランキング
いつも応援 ありがとうございます (*^-^*)

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-06-26 16:36 | 吉岡薬局

もう一つのブログ

ブログをもう一つ始めました。

◆ 薬局便り ◆

実は、HPをリニューアルしたくて
そのための、下書きのようなブログです。

ブログは
決められたデザインの中に 書き込んでゆく 
日記のようなものですけど

HPとなると
サイトマップというか 構成を自分で考えなくてはならず


いろんな面から、吉岡薬局の紹介文を書きつつ
全体の構成も、考えてゆこうとしています。


人気ブログランキング
いつも応援 ありがとうございます m(_ _)m

広島ブログ ←コチラにも参加しています。

b0078729_21274381.jpg



『神農さん』
頭は牛、体はヒトの形をした 薬の神様
[PR]
by kanpoaroma | 2007-06-25 21:29 | 吉岡薬局

星新一さん

今日の毎日新聞の記事
「星新一の評伝 最相葉月さんが刊行」

星新一さんと言えば
学生時代 「SFマガジン」を愛読していた私にとっては
小松左京さんと並んで、大好きなSF作家でした。

ドラマティックでウェットな小松左京さんの作品に対して
星新一さんのショートショート作品は、
軽妙でありながら、グサッと心に刺さる作品が多く
何度も読み返し、友人にも紹介したり。。


その星新一さんが
星製薬星薬科大学とも関係が深いのを知ったのは
それからずーっと後でした。

b0078729_1415678.jpg



倉庫で埃にまみれていた
「賣薬製法全書」 という古い本に
星製薬の広告を見つけ
会社の歴史を調べているうちに
創業者 星一(はじめ)さんの
長男だということを知ったのです。



波乱の多い人生を歩まれた方のようです。
『星新一 1001話をつくった人』 買うと思います。


人気ブログランキング
いつも応援 ありがとうございます (*^-^*)

広島ブログ ←コチラにも参加しています。


賣薬製法全書
他にも、レトロで楽しい薬の広告が、たくさん載っているのですよ。
いつか順番に、ブログかHPで紹介したいと思っています。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-06-06 14:07 | 吉岡薬局

自家製剤の版木

現在 吉岡薬局の駐車場になっている場所には、
数年前まで 掘っ立て小屋 物置小屋が建っていました。

その小屋を取り壊す時に、埃を払って持ち帰ったものが、いくつかあるのですが
これも、その一つです。


b0078729_20141782.jpg

手作りの木箱の中に、いくつかの自家製剤の版木(はんぎ)を発見
その中で ひときわ 目をひいたのがこれです。

枕 下 薬 ? ・・・・ うん?!

うちの先祖は、なにやら そんな艶っぽい薬を作っていたのかと
感動しながら その上を見ると ・・・ 産後??

つまり 産後のひだち のお薬だったのですね (^-^;
出産を終えた婦人に、血と気を補って体力を回復する薬を作っていたようです。
どんな処方だったのか、知る由もありませんが。

この横の文字も じっくり読んでみると

よこ祢(ね) くすり
二三度 さゆ二(に)て婦(ふ)り出し 用ゆ辺(べ)


昔は、こんな漢字の当て字を使っていたのですね。



人気ブログランキング 「アロマテラピー」&「薬学」
応援クリックしていただけると、嬉しいです。

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-03-10 20:28 | 吉岡薬局

資生堂の机

昨日のアンプルの話しを書き、コメント欄で、昔語りをしていたら 気持ちが暖かくなってきて
今日は、こんな物をアップしてみました。

b0078729_16591567.jpg

この「資生堂」って、あの「資生堂」?
レコール ・・・・・ 鎮静剤?


裏側に ちゃんと引出しのついた座り机
昭和初期には、お店の真ん中に置いてあったそうです。


あの「資生堂」に問い合わせたところ、早速に丁寧なお返事をいただきました。


『早速ではございますが、「レコール」につきましてご案内申し上げます。
「レコール」とは恐らく明治の頃に発売されていたお薬ではないかと
思われますが、当時は「資生堂」と名のつく企業がいくつか存在しており、
残念ながら私ども「福原資生堂」の製品ではございません。
他の「資生堂」の製品かと思われます。
弊社製品ではないため、詳細については不明でございますが、
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。』



有難うございました。 m(_ _)m



人気ブログランキング 「アロマテラピー」&「薬学」
応援クリックしていただけると、嬉しいです。

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-03-07 17:06 | 吉岡薬局

アンプルの風邪薬

こんな形の風邪薬を飲んだことがありますか?

b0078729_1640745.jpg
1本 5mlの風邪薬。
ハート型のやすりで首を折り
小さなストローでチューッ!!

アンプルなんて気取ってる割に
大きさが不揃いなのが笑ってしまう♪


見たり、聞いたりしたことはあっても、実際に飲んだ経験のある人は少ないでしょうねぇ。
数十年前に販売されていた薬です。

私自身、飲んだことはありませんが、テレビCMを見たことはあります。
鞍馬天狗の扮装をした人が、「風邪を切る!」 と 刀を袈裟がけに振り下ろしていました。


いかにも効きそうな形状ですが、やがて 死者が出たためか?
アンプル型の風邪薬は、製造中止になってしまいました。

その代替品として現われた ジキニン、オムニン etc.
一応 「小児用」と謳ってありますが、実は、1本 大人1回分ですから。



なぜ、こんな昔話をしているかというと・・・

今、倉庫を空っぽにして、オーディオルームに改装しようというので
倉庫にしまってあった古いものを片付けているのです。

今さら 使い道はないけれど、珍しいので処分するのはもったいない
そういうものが、チラホラと出てくるのですよね
この アンプルの風邪薬のように・・・。



人気ブログランキング 「アロマテラピー」&「薬学」
応援クリックしていただけると、嬉しいです。

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-03-06 16:51 | 吉岡薬局