お茶の香り 花の香り

8月の中国茶のおけいこ
暑い午後のレッスンで、最初に出されたのが
「水出し鉄観音」(手前左) と 「水出し白葉単欉」(手前右)

b0078729_12313640.jpg驚いたのは
鉄観音が、まるで花茶のような香りだったこと!

前日に飲んだ
水出しのジャスミン茶にも
引けをとらないほどの芳しさ♪



その後、いつも通りに
熱湯で淹れた鉄観音もいただきましたが・・・

確かに、熱湯で淹れた方が、香りも味もしっかりしていますが
水出しの方が優しいだけに 花のような香りが際立つのですねぇ~


水出しに用いられたのは
鉄観音の中でも、最近好まれている清香(ちんしゃん)系の
揉捻も発酵も軽いもの(右)
b0078729_12324647.jpg
昔は
同じ鉄観音と言っても
揉捻&発酵が、
もっとしっかりしたもの(左)
だったそうです。



他には、3種類の白茶をいただきました。

「白毫銀針」(はくごうぎんしん)
b0078729_12334314.jpg一番最初に芽を出した新芽を
一葉だけ摘んだもの

白い産毛が
お湯の中でキラキラと舞い
茶葉がすっくと立っている。

皇帝に献上されたと言われる最高級の茶葉
淡~い上品な味


「白牡丹」
b0078729_12344567.jpg
白毫銀針の次に
2番目に芽を出した新芽を摘み取ったもの

真新しい白牡丹(左)と
古い白牡丹(右) の味比べ


古い方が、しっかりとお茶らしい味わいがあって
新しければ良いというわけではない。ことを確認いたしました。



その他
「ジャスミン茶」
淹れたての甘やかな香りと
飲みほした後の 残り香の爽やかさを感じ


ウーロン茶も淹れる時の、わずかな温度差で
香りや味に大いなる差が出てしまうことを思い知らされたのは

私の入れた青茶:「文山包種」(ぶんざんほうしゅ)のことです (--;


しめくくりは
岩茶の一種 「奇蘭」(きらん)の 力強いこっくりした味わいでした。


以上。
備忘録を兼ねつつ (^m^*)



b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ
[PR]
by kanpoaroma | 2008-08-05 13:21 | 中国茶
<< 力作揃い♪ 親子でハーブ石けん >>