中国茶芸

7月から 私がお世話になる中国茶の先生は
福山では珍しい 中国茶高級茶藝師 という資格を持っておられます。

昨日の、第1回目のレッスンでは
3種類の御点前(淹れ方)を見せていただきました。


1.グラス
b0078729_11305471.jpg茶葉は、緑茶の龍井(ろんじん)
茶葉の美しい形を目で楽しんで・・・
中国では
このグラスのまま いただくそうで

口に茶葉が当たって飲みにくいと思うのですが
緑茶は、食べてもOKだそうですよ?

とは言え、今回は、茶海(ちゃかい)に漉してからいただきました。


2.茶壺(ちゃふう)
b0078729_113233.jpg茶葉は
安渓鉄観音(あんけいてつかんのん)
茶杯と聞香杯(もんこうはい)を5客揃えて

聞香杯を使用するまでもなく
とてもよい香りが漂ってきました♪
香りも 味も 美味しい(*^-^*)





3.蓋碗(がいわん)
b0078729_11332922.jpg茶葉は
白茶にジャスミンの香りを移したもの
いわゆるジャスミンティーですが

白いウブゲの目立つ若い新芽に
ジャスミンの香りを移す工程を
6回以上重ねた高級品


蓋をずらして、蓋碗から直接お茶をいただきます。
香りの良さといったら♪~



この他、私の大好きな青茶 「東方美人 とうほうびじん」を
自分で淹れさせてもらったのが、とても楽しかったです。

低めの温度で とろ~り(*^-^*)
高めの温度で さっぱり(*^∇^*)

同じ青茶でも、その前にいただいた杉林渓(サンリンシー)よりも
香りが甘いことを、ちゃ~んと区別できました

レッスン時間の2時間が あっという間に過ぎてしまいました。



b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ
[PR]
by kanpoaroma | 2008-07-21 11:41 | 中国茶
<< 追加取材?! 今日 明日 >>