若返りのお茶

それは、アロマテラピーの世界に伝わる 素敵なエピソード

ハンガリーの王妃エリザベート1世は、若くして夫をなくしハンガリーの君主として、長く善政をしいていましたが、やがて手足が痛む病気に罹ってしまいました。これを気の毒に思った修道院の僧が彼女のために、ローズマリーなどを主体とした痛み止め薬を献上したところ、彼女の状態はみるみるとよくなり、70歳を越えた彼女に隣国ポーランドの王子が求婚したというのです。
この痛み止め薬は後に「若返りの水」の評判が立ち今に伝えられています。



アルコールにハーブを浸して作った チンキと呼ばれるものでしたが
先日のアロマ講座では、そのままハーブティーのブレンドとしていただきました。

ローズマリーの他
ペパーミント、ローズ、レモンピールなどのハーブが材料として伝わっています。

ミントやローズマリーのきりっとした味に
ローズの甘~い香りが重なって 身も心も若返りそう♪



b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ
[PR]
by kanpoaroma | 2008-01-15 22:18 | アロマテラピー
<< 冬のアボカド 初講座 >>