夏の暮らし方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              なるほど!漢方講座 【 23】 
                夏の暮らし方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

漢方のバイブル 「黄帝内経 こうていだいけい」 には
春・夏・秋・冬 四季折々
ヒトは、天地の気に調和して生活すべきであると述べられています。


夏は、「生長」の季節

天地の陰陽の気が活発に交流しあって
生きとし生けるものすべて、花咲き実る盛んな季節です。

早寝早起きを心がけましょう。
夏は体の「陰」を消耗しやすいので
夜に陰を養うようにする必要があるからです。

日の長さと暑さを厭うことなく、のびのびと暮らしましょう。

夏の満開の花と同じように
体内の陽気をほどよく発散させる。

この養生法に逆らって
心をうつうつとさせたり、体に熱をためると
夏に盛んに活動する 「心の臓」 が傷害されて病となります。

すぐには発病しなくても秋になって病が表面に出てきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人気ブログランキング に登録しています。
いつも応援 ありがとうございます m(_ _)m

広島ブログ ←コチラにも参加しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「なるほど!漢方講座」 定期購読のお申し込みは、こちらからお願いします★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by kanpoaroma | 2007-08-03 16:23 | 漢方
<< バラの歯磨き♪ 昔の薬 今の毒 >>