体を温める食品

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              なるほど!漢方講座 【 21 】 
                体を温める食品
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回、体を冷やす食品を取り上げましたが
今回は、体を温める食品について、お話します。

■温熱性食品
温熱性のものは、体を温めます。
体に冷えを感じる時には、温熱性の食品によって温めましょう。

料理に使われるスパイス類
口から火を噴きそうな辛い食品は、想像通り温熱性ですが

フルーツの中でも
桃やさくらんぼ、栗、くるみなどは温熱性を持ちます。

また、北海道で人気のジンギスカンに使われる羊肉は
肉類の中でも、特に温熱性の高い部類に入ります。


暑い夏に、ホットな食品は無縁と思われるかも知れませんが

蒸し暑い日本の夏には、湿の問題も絡んできます。
そうそう 清涼飲料水の飲み過ぎなど、内からの湿もありますね。。。

7章.「陰」と「陽」でお話した

水量(陰)と火力(陽)のバランスからいうと
過剰な水(湿)をさばくためには、火力(熱)も強くなければなりません。

中華料理の中でも 四川料理と言えば
山椒や唐辛子などの香辛料を効かせる辛い味付けが特徴ですが

他にも スパイスを良く使うインド料理、タイ料理など
高温多湿な地域ならではの健康食ですね。


また
温熱性の食品には、「気・血・水」の流れを促す働きがあります。

イメージしてみてください。
温度の低いものは、縮こまって動きが悪く 滞りがち
温度の高いものは、活動的です。

例えば
女性の生理不順や、生理痛のひどい場合は、血の滞りが考えられます。
食生活をはじめ 冷えに傾いた生活をしていないか
見直してみてください。

陰陽でいうと
男性は陽。女性は陰。 女性は冷えやすい傾向があります。
冷房の効いた部屋に入る時には、男性以上の厚着(!)を心がけましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人気ブログランキング に登録しています。
いつも応援 ありがとうございます m(_ _)m

広島ブログ ←コチラにも参加しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「なるほど!漢方講座」 定期購読のお申し込みは、こちらからお願いします★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by kanpoaroma | 2007-07-20 11:59 | 漢方
<< 青紫蘇 赤紫蘇♪ 消臭 1滴 >>