薬剤師たるもの!

薬剤師ほど 薬の怖さも知っているので
やたらと薬頼みをすることは少ないと 思うのですが

さっき 知人(薬剤師)のブログに寄って
結構 無責任な書き込みをしてまいりました(^m^*)


カゼをひいたのに タカをくくって
薬も使わず 診察も受けず 1週間目に突入。。。

で、私の書き込みというのが
「薬剤師たるもの
 カゼかも? と、思ったときこそ
 日頃 投薬している品々に 我が身を捧げ
 人体実験をしなければなりませぬ!(^∇^)b」



ま、私の場合は、漢方薬に限りますが
体調不良はなくても、漢方研究会などで、色々な生薬、漢方薬の試飲をしたり
個人的にも、興味を持って 漢方薬を飲んでみることがあります。

だけど これって
新薬では、ちょっと 抵抗があります。。。

例えば、私が降圧剤を飲んだとしたら?
正常な血圧が下降して ふらふらと気分が悪くなり
下手をすれば、立ちくらみだって 起こしかねません。

例えば、私が利尿剤を飲んだとしたら?
しょっちゅう トイレに通うはめになるでしょう(--;


では、漢方薬は?
陰陽のバランスを調整するのが、漢方薬の醍醐味

証の合うヒト(その薬が必要なヒト)には、良く効き
証の合わないヒト(不必要なヒト)には、効果を発揮しにくい

そういう一面を持っているのです。

ただ そうは言っても
潤いの必要なヒトに、乾かす薬を与え続けたり
温めなければならないヒトに、冷やす薬を渡すようなことは
もちろん してはいけない事ですよ。


人気ブログランキング
いつも応援 ありがとうございます (*^-^*)

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-06-26 16:36 | 吉岡薬局
<< 家族それぞれの関わり方 もう一つのブログ >>