紫雲膏石鹸の使い心地

紫雲膏石鹸 
漢方薬を扱う薬剤師が作るなら、はずせない石けんですよね (^-^)v

紫雲膏の基材は、ごま油がメインで、それに硬さを出すための蜜蝋が加わっています。
つまり、アロマ化粧品として よく作られる 「蜜蝋クリーム」 そのものです。
苛性ソーダ液を加えてグルグルすると、そのまま石鹸になります。

b0078729_128023.jpg

作ってる間
個性的な生薬の香りがたちこめて♪

今回は、それを楽しむことにして
精油は、使いませんでした。



使ってビックリ 洗い心地の良いこと!
ツルツルなのに、つっぱらない♪
定番石けんに決まりです (*^-^*)


<モニターさん達の感想>
○体を洗った後の油分の残り具合が、乾燥気味の肌には良く、しっとり。
○赤ちゃんと一緒に毎日、髪・顔・体を洗って
  洗浄力が強いのに、つっぱらず、リンスも不要。
○顔も体も、さっぱりした感じ。
○洗い上がりがしっとりして、洗顔に良かった。
○今まで使った石鹸の中で一番好き。髪を洗うと、地肌はさっぱり、髪はサラサラ。
○髪には、さらさら感がないが、しっとり感、ふんわり感はある。
○髪を洗うと泡立ちは良いが、乾かした後べたついた。
○美味しそうな香りが、石けんの香りとしては少し抵抗があった。
○アーモンドキャラメルのような美味しそうな香り。
○いい香りではなかったが、効きそうな漢方のようなにおい。


人気ブログランキング
応援クリックしていただけると、嬉しいです。

広島ブログ ←コチラにも参加しています。


★紫雲膏(しうんこう)
世界に誇る 日本の江戸時代の外科医 華岡青洲(はなおかせいしゅう)考案の軟膏で
ひび・あかぎれ・凍傷・火傷・痔疾患などに用います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メール会員様を対象に、アロマ石けんのモニター募集をしています。
関心のある方は、メール会員の登録をお願いいたします。 ただ、勝手ながら・・・
サンプルの郵送はしていませんので、店頭に受け取りに来られる方限定です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by kanpoaroma | 2007-04-16 12:17 | 石けん
<< 音の良さは、コードの太さ? 春の香り いっぱい >>