季節と病気

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              【 なるほど!漢方講座 】  

               8.季節と病気

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前、こちらでもお伝えしましたが
福山の認定バラグッズへ応募していた 「アロマミスト 福山の薔薇」
嬉しいことに 採用が決まりました。

今年の、福山ばら祭りの会場はもちろん
本通商店街のアートショップ ふくふく でも、5月から販売されることになります。

近いうちに、ネットにもデビューさせる予定ですので
その時には、よろしく お願いいたします。

では、今日も最後まで、おつきあいください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


漢方では、季節などの環境が、ヒトに与える影響をとても重視します。
ヒトも自然の一部として、自然とともに 季節とともに 変化するものと考えます。


気候の変化が正常な場合は
六気(風、寒、暑、湿、燥、熱)となってヒトの生理活動を促してくれますが

例えばこれが過剰になった場合、また不足したり、季節外れの気候にみまわれると
そのまま六淫(ろくいん)という邪気となって、ヒトの健康を害します。


中でも、一番問題になり易いのは、過剰な場合です。
そうして、季節にふさわしい養生を怠った場合
侵されやすい臓にも、その季節によって傾向があるのです。


の主気は、。 侵されやすい臓は、
の主気は、。 侵されやすい臓は、
土用の主気は、湿。侵されやすい臓は、(消化器)。
の主気は、。 侵されやすい臓は、
の主気は、。 侵されやすい臓は、


イメージしてみてください。

夏 : 日射病で、心身耗弱
土用: いわゆる夏バテで、食欲不振。体が濡れ雑巾のように重い。
秋 : 空気が乾燥して、呼吸器を傷めやすい。
   また、皮膚の乾燥も肺に関係あるのです。
冬 : 膀胱炎などの尿不利。冷え性の方が繰り返すことも多いです。

そうして現在 春真っ只中
花粉症で、突然目が痒くなるのも、風邪 + 肝の不調 で起こり易いのですよ。
このことは、次回に詳しくお話しいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



人気ブログランキング に登録しています。
応援クリック よろしく (^-^)/

広島ブログ ←コチラにも参加しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「なるほど!漢方講座」 定期購読のお申し込みは、こちらからお願いします★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by kanpoaroma | 2007-04-06 10:59 | 漢方
<< 巣のリフォーム 鳩の里帰り >>