ハイビスカスのリンス

ようやく 作りました ハイビスカスのリンス♪

Robinさんのブログで、ジャスワンド(ハイビスカス)のリンスの話しを読むまで
なぜ、今まで それに思い至らなかったのかと 不思議なくらいでした。


石けんシャンプーの後に使うリンスは
リンゴ酢に ハーブをインフューズさせたり 時には
柚子 グレープフルーツ レモン などを、ギュッと絞って 使っていました。

それと同じくらい身近にに
ハーブティー用のハイビスカスもありました。
クエン酸をたっぷり含み、そのままでは酸っぱくて飲めないほど (*^-^*)

b0078729_213114.jpg




私の予定では
濃い目にいれたハーブティに
キサンタンガムを溶かし
とろみをつけた中に、ホホバオイルを加えて・・・



そう、セパレートタイプのドレッシングのようなトリートメントにするつもりでした。


ところが キサンタンガムの溶かし方に失敗
一生懸命シェイクしても、底にしっかり残ったまま。。。
今日は、オイルを入れずに 使ってみました。

最後のすすぎ水に、ハイビスカスリンスを入れてみると
淡いピンクの中に 赤い小さなタピオカゼリーみたいな塊がコロコロ(笑)

それはそれで、可愛らしかったのですが (^m^*)
24時間置いても、溶けきらないようだったら  再挑戦かな?



人気ブログランキング 「アロマテラピー」&「薬学」
応援クリックしていただけると、嬉しいです。

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-03-27 21:41 | 石けん
<< 「陰」 と 「陽」 金木犀石けんの使い心地 >>