馬油石鹸の使い心地

今まで、こちらのブログでご紹介した石鹸達の使い心地を 報告したいと思います。


まずは、去年の10月に製作した 『馬油石鹸』 です。

b0078729_23153756.jpg



オリーブ油、パーム核油、ひまし油をブレンド
スーパーファットとして
馬油を少し入れてみました。


スーパーファット
アイスクリームで言う、トッピングのようなものです。
特別な効能を期待したいけど、価格が高くて大量に使いにくい時など
効果を有効に感じられるように、ある程度鹸化が進み、トレースが出た後
そのオイルを少量加えてから、型入れします。

この場合は、馬油がそれです。


馬油は、特にたてがみの下の部分の皮下脂肪は
パルミトレイン酸を多く含み、肌になじみ易いのです。
パルミトレイン酸・・・ 年齢とともに少なくなると言われる脂肪酸
だから逆に 年齢肌のお手入れに最適なオイルです (*^-^*)

これはもう 予想以上のしっとり感でした♪
定番石鹸に決まりです。

香りは、ラベンダーを主に、ローズウッド パルマローザ ゼラニウムと
ローズ系の香りでまとめてみたのですが、とても優しい香りになりました。


<モニターさん達の感想>

○香りがとても気に入りました。ふくふくと泡立ちも良く洗い流すのがもったいなかった。
○香りは大満足。手作り石鹸って、優しく、汚れもしっかり落としてくれるんだと実感。
○肌触りがとても良く、自然な感じ。
○私の肌にはちょっと合わなかった。足の裏は使って、次第に柔らかくなったので良かった。
○もっちりではないが、軽い泡立ち。幸せになるにおい。
○滑らかな泡立ち
○水に濡れると、柔らかくなって使いにくい



人気ブログランキング 「アロマテラピー」&「薬学」
応援クリックしていただけると、嬉しいです。

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-03-21 23:18 | 石けん
<< 日本人は胴長 美味しいベルガモット >>