美味しいベルガモット

ベルガモットの香りを嫌いと言う人は、あまりいらっしゃらないでしょう。


英名 Bergamot
学名 Citrus bergamia

ミカン科の果実 ベルガモットの皮から取り出されたその香りは
紅茶のアールグレイの香り付けに用いられていることでも、馴染まれていますよね。

同じ ミカン科のレモンやオレンジの精油の成分が、ほとんどリモネンであるのに対して
ラベンダーなどと同じように、酢酸リナリルなどのエステル類を多く含むのも
特徴の一つですね。

鎮静作用と抗うつ作用、リフレッシュ効果を併せ持つため
気分を明るくし、不安、抑うつ、緊張、不眠などに、大きな効果があります。

昔から人気の高い香りで、先日のラジオの取材で紹介したオーデコロン=ケルン水も
主成分は、このベルガモットなのです。


授業中に 質問されたことがあります。
「ベルガモットって、食べれるんですか?」

実は、私も写真でしか見た事が無くて
代表的な産地 モロッコへ行った時も、市場でそれらしい物は、見かけませんでした。

オレンジやグレープフルーツは、日本にも輸入されているのに
香りがこんなに人気があっても、輸入されていないのだから
きっと 食用には適さない ビターなオレンジの1種ではないかしら? と

全くの、あてずっぽうな意見を、堂々と披露してしまいました。


そのベルガモットについて、新しい情報を入手いたしました♪

私のブログに書き込みをして下さったminaminaさん(フランス在住)のサイト
   ↓ ベルガモットの塩漬け を発見したのです。

b0078729_21571899.jpg
詳しくは、こちらの 「店長日記」 をご覧ください。
       2007年2月1日(木)

なんだか 懐かしいような(?)気持ちになって 
メールを送ったところ
次のような お返事をいただきました♪

『ベルガモットは、食べられますよ! とってもおいしいです。
味は、レモンに似ていますが、もっと香りが独特で、酸味が少し弱い感じです。
ビターとは、言えないですね。ビターオレンジとは、まったく違う味だと思います。』



ブログを通じて こんな楽しい情報を得ることが出来て 嬉しいです♪

いつかまた チュニジア、モロッコに行く機会があれば、
ぜひとも、試食できるよう 頑張って捜してみようと思います。


人気ブログランキング 「アロマテラピー」&「薬学」
応援クリックしていただけると、嬉しいです。

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-03-20 22:09 | アロマテラピー
<< 馬油石鹸の使い心地 石鹸の熟成と酸化 >>