アボカド石鹸

確定申告が終わったら 石鹸ぐるぐる しようと決めていました。

締切日近くになって ようやく 税務署に提出し終え (^-^;
ぐるぐるした石鹸がこれ アボカド石鹸です。

b0078729_1936437.jpg森のバターと言われる
アボカドのオイルを使っています。

アボカド油は、オリーブ油と同じように
果実をそのまま絞ったオイルです。

アボカド油の他には
オリーブ油 パーム油 ココナツ油 ひまし油
そして
スーパーファットに、ホホバ油



緑色の透明なオイルが、苛性ソーダ液を加えるとマットな黄緑色に変化し
鹸化が進むと、黄色味を増し・・・ コーンポタージュスープのようにも見えますね。


濃厚なアボカドオイルの香りに ふと 香り付けは止めようかと思い・・・

でも、やっぱり
それにも負けないくらいの 香りをと 精油をブレンドしてみました。
ラベンダー ゼラニウム サンダルウッド イランイラン


熟成1ヵ月後には、どんな香り どんな洗い心地になっているでしょう♪



人気ブログランキング 「アロマテラピー」&「薬学」
応援クリックしていただけると、嬉しいです。

広島ブログ ←コチラにも参加しています。


石鹸の熟成
 植物油に苛性ソーダ液を加えて、ぐるぐるかき混ぜると
 油脂中の脂肪酸(オレイン酸、ステアリン酸など)とアルカリが反応して
 石鹸ができます。これを鹸化(けんか)と言います。

 かき混ぜ始めて、ある程度 鹸化反応が進むと、生地がもったりとしてきます。
 この段階で型入れをし、保温し、硬くなったら、型から出して、熟成・乾燥させます。

 型から出した直後は、まだ強アルカリ性ですが
 約1ヶ月くらい経つと、熟成し 弱アルカリ性の石鹸となって、ようやく使用できます。
 まだまだ置いておくと、殆どの石鹸は、さらに優しくなります。
[PR]
by kanpoaroma | 2007-03-12 19:45 | 石けん
<< からだであそぼ 自家製剤の版木 >>