紫雲膏石けん

ようやく昨日 紫雲膏石けんをグルグルいたしました。

24時間後 保温箱から取り出して そうっと型紙をめくってみました。
真っ青な石けんです。

b0078729_23305612.jpg











紫雲膏(しうんこう)って、ご存知ですか?
華岡青洲さん考案の軟膏で、ひび・あかぎれ・凍傷・火傷・痔疾患などに用います。

あ、華岡青洲(はなおかせいしゅう)さんというのは、江戸時代の外科医で
世界で初めて麻酔による乳がんの手術を行った 偉大なお医者様です。

有吉佐和子さんの 『華岡青洲の妻』 という本がベストセラーとなって
その後、映画化されたりTVドラマにもなって、一般の人にもよく知られていますよね。

この軟膏
基材は、みつろう ごま油 豚脂 と、 『みつろうクリーム』そのものなのですよ。
当帰(とうき)と紫根(しこん)を浸出させて作ります。
軟膏の時は、赤紫色なのですが
石けんにすると、アルカリで青色に変色しています。

使えるのは、1ヶ月熟成させて・・・ 来年ですね。
使い心地が楽しみです(*^-^*)



人気ブログランキング に登録しています。
応援クリック よろしく (^-^)/

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-12-14 23:31 | 石けん
<< 12月のBGM 古本の値段 >>