気味悪いけど美しい

昨晩観たDVD 「世にも不思議な物語」(ジム・キャリー主演)
少々の気味悪さを漂わせながらも、美しい世界でした。

ジム・キャリーが、孤児になった3人姉弟の財産を手に入れるために
悪役らしい変装を繰り返しながら、登場しますが
3人姉弟も、(赤ちゃん言葉しかしゃべれない末っ子までもが) 活き活きと
降りかかる苦難を、逞しく乗り越えてゆく物語です。

なかなか良い作品でしたよ。



そうして、ふと気がついてみると 私って
気味悪いけど美しい映画に、心惹かれているのです。

例えば、 『チャーリーとチョコレート工場』
結果的にはハッピーエンドのようですが、色彩もどぎつくて
はっきり言って、ブラックファンタジーですよね?

この映画の監督 ティム・バートンの作品で、お気に入りなのは、他に
『スリーピーホロウ』 『シザーハンズ』
アニメ作品の 『コープス・ブライド』 『ナイトメア・ビフォー・クリスマス』

特に
『ナイトメア・・・』 を観た時はビックリ!(3年くらい前かな?)

ハロウィンの世界の住人が、クリスマス世界の楽しい雰囲気にあこがれて
その真似をしてみるのですが、全てが 微妙に おどろおどろしくて (^-^;

アニメなのに、こんな・・・ 不気味で良いの?! という感じなのです。
切ないような印象が、深く心に残った作品でした。

実は
今年のクリスマス前に、もう一度観てみようと思っているのですよ (*^-^*)



人気ブログランキング に登録しています。
応援クリック よろしく (^-^)/

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-12-08 16:34 | 映画・TV
<< 手作り石けん モニター募集 講習会 速報 >>