手作り講習で・・・

吉岡薬局では、毎月アロマグッズの手作り講習会を開いています。

化粧水やリップクリーム、香水など
どれも、とても簡単で あっ! という間に出来上がります。

それに比べると
今回のオレンジポマンダーは、アロマと言うよりも「ハーブクラフト」で
作業はとても単純なのですが、それなりに時間はかかります。
そうして、いつになくお客様との楽しいおしゃべりの時間が持てます。

そんな中から 楽しい情報

b0078729_20422520.jpg 私は今年、リンゴのポマンダーに挑戦
 それを見ながら お客様の話ですが

ハワイでは
リンゴに顔を彫り、それを乾燥させて
「おばあちゃんの顔」にしたものがあるそうです。
乾燥したリンゴが
上手にシワシワ顔になるそうですよ (笑)

私のリンゴのポマンダーも、シワシワに出来上がるのでしょうか?


ポマンダーとは、ヨーロッパに中世から伝わる魔除けのお守りで
 クリスマスや新年のプレゼントにも、されます。

オレンジポマンダーは、オレンジにクローブ(丁子 ちょうじ)を使うのですが
それを見た 漢方問屋さんからの情報です。
日本にも、丁子を同じように魔除けとして使う風習があるとのこと。

それが、お正月に飲まれるお屠蘇なのです。
お屠蘇のレシピは色々あるのですが、(それほどメジャーではないにせよ)
確かに丁子を使ったレシピも残っているのですよね。 新発見!

こんな話しを聞くと、吉岡薬局の年末の講習に
「屠蘇散作り」をやりたくなってしまうじゃありませんか ねぇ?(*^-^*)



人気ブログランキング に登録しています。
応援クリック よろしく (^-^)/

広島ブログ ←コチラにも参加しています。


お屠蘇 ご存知ですか? 
最近は、その風習もすたれつつありますが・・・
一年間の邪気を払い長寿を願って、お正月に飲む薬酒で、数種の薬草を組み合わせた屠蘇散(とそさん)を日本酒や味醂に浸して作ります。
「屠蘇」という言葉自体に「魔除け」の意味があります。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-11-24 20:37 | アロマテラピー
<< 宣伝・広告 リップグロス >>