揺れる心

リフォームしたら、今より良くならなければ意味がありませんよね。

例えば
現在の廊下は、松の無垢材なのですが
最近は合板が主流で、無垢材は歪みが起こりやすいと説明を受けたりします。

今まで約50年、もう一方は20年以上経っているけれど
ちっとも歪みなど起きてません。
50年の方は、縦に細い隙間が出ているくらいで、
20年の方は、隙間も歪みも起きてません。

それなのに、最近の無垢材は、そんなに歪み易いのかしら?
昔ほど質の良いものが無くなっているのでしょうか?
乾燥が十分されて無い状態で流通しているということでしょうか?


それにね
リフォームして、新しい間取りになると
まだ しっかりしている柱や廊下 建具 etc.
たくさん廃棄してしまうので、どうしても心が痛みます。
今更ながら 私達の選択は正しいのか? と。。。


人気ブログランキング に登録しています。
応援クリック よろしく (^-^)/

広島ブログ ←コチラにも参加しています。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-11-14 21:11 | リフォーム
<< 新学期 アロマ検定試験 >>