睡眠物質

<グリーンサイエンス研究センター 公開講演会 7>
「眠りの科学」
     昨日の続きです。

ただ眠らせるだけなら、麻酔薬だってありますが、これは問題外として
現在、不眠を抱える患者さん達に処方される催眠剤の多くは
ベンゾジアゼピン系の薬剤です。

望まれるのは、レム睡眠とノンレム睡眠のバランスの良い
できるだけ、自然に近い眠りです。

かつて繁用されていた睡眠薬が、レム睡眠を抑制して記憶障害を起こし易かったのに対し
(記憶を定着させるためには、レム睡眠が必要)
レム睡眠に対する抑制も少なく 安全性の高い催眠剤として評価されています。

それでも、非生理的な物質であることには変わりがありません。
そこで、着目されているのが、私達が眠くなった時に私達自身が生産するもの
睡眠を誘導する 内因性の「睡眠物質」と呼ばれるものです。


まず、犬を使った生体実験!
犬の眠りを邪魔して1週間 ・・・ 限界に達した犬が熟睡し始めた時
その犬の脳脊髄液を採取して、他の犬に注入すると
眠りの足りているはずの犬が、眠り始めます。しかも、自然な睡眠状態です。

つまり、眠くなった時には、眠りを誘発する物質が分泌されているのです。
これを睡眠物質と言います。

現在、数十種類の睡眠物質が同定されていますが、中でも、強力な働きを持っているのが、
中枢神経系で生産されるプロスタグランジン(PG)の一つであるPGD2と認められ
多くの研究が進められています。

このような 脳脊髄液を循環する睡眠物質による液性調節系
脳内に分布する睡眠中枢と覚醒中枢における情報伝達経路も明らかになってきました。


自然な眠りを与えてくれる 天然素材の快眠薬(あるいは、快眠食・快眠飲料)が
不眠に悩む多くの人たちの手に届くのも、遠くない未来でしょうか?



人気ブログランキング に登録しています。
応援クリック よろしく (^-^)/

広島ブログ ←コチラにもリンクいたしました。
[PR]
by kanpoaroma | 2006-10-11 16:30 | グリーンサイエンス
<< 金木犀の石けん 薔薇の かかとクリーム >>