リキッドソープ 作成中

一昨日に作ったリキッドソープの素を 溶かしてみました。
すぐにでも使えるように、本日 泡ポンプを買ってきましたし(*^-^*)

タッパーに保存した時から ほぼ変わらないゆるゆる加減だったのですが
溶かしてみると、ちゃんと透明に溶けて、色も綺麗なオリーブグリーン♪

b0078729_2334697.jpg





ところが!
pHチェックをしてみると
かなりアルカリ度が高いのですよね

このままでは
食器洗いに使うのだって
ためらわれてしまう。。。



鹸化が充分進んでいないと判断して
残ったリキッドソープの素をレンジで温め、保温箱に保管しました。
念のため、熱いお湯を入れたペットボトルも、中に加えました。

生地が硬くならないのは、使ったオイルの種類のためかとも思っていましたが
硬さも、鹸化してるかどうかの目安になるのですね 固形石けんと同じように。

さて、溶かしてしまった写真のものですが
これは、クエン酸溶液と混ぜ合わせながら、pH調整をしてみましょ
かなり難しい作業らしいのですよ?

最悪、pH高めなのは、最初から苛性カリが多すぎたということも
あり得るわけで・・・ いや、それを考えるのは今は止めておこう。。。

リキッドソープ作りはとても楽しくて、色々なオイルで作ってみたくて
結局、中村純子さんの本「美肌になろう! 手作りのリキッドソープとクレイ」
そして、全体がシリコン製のヘラも買い揃えたのですもの。


人気ブログランキング に登録しています。
応援クリック よろしく (^-^)/
[PR]
by kanpoaroma | 2006-09-22 23:09 | 石けん
<< リキッドソープ 1 薬湯 >>