薬湯

いつもは、精油ミックスのシーーンとした香りが漂っているお店に
今夜は、薬湯の香りが充満しています。
調剤室の隅 換気扇の真下で煎じているのですけど・・・
なんとも温かい香りです♪~


急に秋めいてきたと思ったら
やはり空気が乾燥しているのですね。
母が皮膚の痒みを訴え始めました。

そんな時には、吉岡薬局特製の薬湯の出番です。
中味は、「当帰 とうき」と「地黄 じおう」
煎じ液は、もちろん飲んでもOKです。なかなか美味しいのですよ。

b0078729_21523747.jpg






人の命を構成する3本柱 
「気 き」、「血 けつ」、「水 すい」
そのうち、「血」と「水」を補ってくれる生薬たちです。


そうそう 当帰は、その同属のヨーロッパ当帰からとれる精油もあります。
「アンジェリカ・ルート」と呼ばれているものがそうです。
アンジェリカとは、天使の意味。
冷え性や生理痛、月経不順の治療に用いるこのハーブを天使と名づけるセンスが素敵です。

ちなみに、「当帰」の名の由来もご紹介すると・・・
漢文読みにすると、当(まさ)に帰る。
妻が婦人病になったため、夫は妻から離れ、家に帰らなくなりました。
妻は早く病を治さねばと、この薬を飲んだところ、たちまち全快!
「夫よ、まさに我が元に帰るべし」と、言ったそうです。


冷たい夫に対する未練が感じられて、やや不満の残る由来ではあります。(^-^;


人気ブログランキング に登録しています。
応援クリック よろしく (^-^)/
[PR]
by kanpoaroma | 2006-09-21 21:55 | 漢方
<< リキッドソープ 作成中 創作人形展 >>