ラベンダーツアー 2

今回のツアーは、敢えて ラベンダー畑の最盛期をずらしたものでした。
「おかむらさき」の最盛期には、恐ろしいほどの混みようで
1キロ進むのに1時間! といった事態にも陥るそうです。

それでも、早咲きの「濃紫3号」は、美しく畑を彩っていましたし、
開花時期はもう少し先になる「おかむらさき」「はなもいわ」の硬い蕾も
確かに香りを放ち、清々しいエネルギーを感じさせるものでした。

そんな「倖の畑 さいわいのはたけ」を上って行くと、横に黒い石碑が立っています。
去年、天皇皇后両陛下を案内された時に、皇后陛下が立ち尽くし
ラベンダー畑を眺めながら、動くことの無かった場所だそうです。

倖の畑を上りきると、さらに高い場所に
会長さんが最初にラベンダーを栽培を始めた
「トラディショナル ラベンダー畑」が色づき初めていました。

合成香料の普及でラベンダー栽培が立ち行かなくなった30年前
会長自身も、止む無くラベンダー栽培をあきらめ
ブルドーザーを乗り入れて、この畑を潰そうとしたそうです。
その時、もの凄い悲鳴が聞こえました。
それはラベンダーの上げた悲鳴
それ以上 ブルドーザーを進めることができなかったそうです。


ラベンダーの悲鳴を聞きし ブルドーザー 動けずなりて 丘は生き継ぐ
Mさん 作


その頃 国鉄のカレンダーで ファーム富田のラベンダー畑が全国に紹介され
カメラマンや旅行者が訪れ始めるようになり、現在のファーム富田があります。

1990年 フランスでのラベンダーフェアのオイル品評会では
「おかむらさき」のエッセンシャルオイルが第1位を獲得いたしました。

・・・・・つづく


b0078729_12464585.jpg








ドライフラワー製作中


人気ブログランキング に登録しています。


この日は、あいにくの曇り空で綺麗な畑の写真は撮れませんでした。
どうぞこのファーム富田さんのHPから、お花畑の写真をご覧ください(*^-^*)
[PR]
by kanpoaroma | 2006-07-12 12:48 | ラベンダーツアー
<< ラベンダーツアー 3 ラベンダーツアー 1 >>