「ほっ」と。キャンペーン

伝説のハーブティ

吉岡アロマ工房の新商品
その名も、「伝説のハーブティ」

14世紀のハンガリーでのこと
王妃エリザベートは、若くして夫である王を亡くし、晩年近くなって、手足が痛む病気になりました。修道院の僧がハーブをブレンドした痛み止め薬を献上したところ、状態が、みるみると良くなり、70歳を超えた王妃に、隣国のポーランドの王子が求婚したということです。この痛み止め薬が、後に「若返りの水」の評判が立ち、今に伝えられています。
                     ・・・・・ AEAJテキストより



今に伝わる、このレシピを基に、美味しい「伝説のハーブティ」が生まれました。
カップにティバッグを入れ、熱湯を注ぐと、甘くて清々しい香りが漂います。
1分~3分 まずは香りを、そうしてきっぱりした味をお楽しみください。


原材料は、ローズ、ローズマリー、ペパーミント、レモンピール
淹れる時の色の変化も、楽しいですよ (*^∇^*)
b0078729_13593962.jpg

ご購入は、こちらです。




b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ
[PR]
by kanpoaroma | 2011-06-01 14:18 | 吉岡アロマ工房
<< ブリガリアへ 手巻きサンド >>