専門セミナー

今日は、AEAJの専門セミナーでした。
演題は二つ

~ 天然精油の基礎化学 ~
     ハーブ&アロマ アドバイザー 三上 杏平 氏

~ 調香技術とフレグランスの中の精油について ~
     (株)資生堂 化粧品素材研究開発センター香料開発研究グループ
     特別研究員 & チーフパフューマー 堀田 龍志 氏



「天然精油の基礎化学」 の方は
高校生の頃の受験勉強を思い出しました。

その頃の化学の学習内容に
アロマテラピーのトッピングを、パラパラッと降りかけたような

わかり易く、しかも
確信を持って背中を押していただいた感じでした。



「調香技術とフレグランスの中の精油について」
最先端で活躍しておられる調香師のお話ですから

フレグランスの興味深い歴史や
近代の香りの傾向、実際に製品が出来るまでの様子など

そしてそして 堀田シークレット(?)とも言うべき
ブレンドの技まで語ってくださって


とても充実した内容で
いつも以上に、書き取りも、頑張ってしまいました。


会場を入ってすぐのところに
5種類の香り見本が用意してありましたよ。

「すいか」 「ピーチ」 などの合成の香り
「ピンクペッパー」 最近のフレグランスに用いられる天然の香り
「4711」 有名なケルン水
「ZEN」 発売目前の新しい香水

貴重な体験でした (*^-^*)



b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ
[PR]
by kanpoaroma | 2010-09-19 22:18 | アロマテラピー
<< 祝福 チラシ 足りない? >>