続・加減方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               なるほど!漢方講座 【 32 】 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

久しぶりの漢方メルマガの発信です。

前回、「加減方」 について、お話してから
半年が経過してしまいました (^m^*

もうすでに、前回の内容はすっかり忘れておられるでしょうが
それでも、わかる! 「続・加減方」 をお話しいたしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  続・加減方 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回の内容 「加減方」 で紹介した漢方薬は

★桂枝湯 けいしとう
★葛根湯 かっこんとう
★麻黄湯 まおうとう
★桂枝加芍薬湯 けいしかしゃくやくとう


このうち、初めの3種類は、感冒薬として用いられるものです。
四つ目は、腹痛の漢方薬。

生薬の加減によって、どのように働き方が変化してゆくのかを
「発汗」をキーワードに、お話しようと思います。


話をシンプルにするために まず
処方に含まれる生薬の一部を(括弧)で閉じてはずしますね。

★桂枝湯:桂枝 芍薬 甘草 (生姜 大棗)
★葛根湯:桂枝 芍薬 甘草 麻黄 葛根 (生姜 大棗)
★麻黄湯:桂枝    甘草 麻黄 杏仁



★桂枝湯
主薬は、桂枝です。
発汗して、外邪を追い払う働きをしますが

体力虚弱で、すでに汗が漏れ出している場合
さらに強く発汗させると、体力を消耗してしまいます。
それを防いでくれるのが、「芍薬」です。

こういうことから
桂枝湯は、自然発汗や寝汗のあるカゼの初期に用いられます。


★ 葛根湯
加えられた麻黄は、桂枝よりも強い発汗作用を持ちます。

麻黄 + 桂枝 による相乗効果で発汗作用が強まります。
カゼの初期、汗もかかず、悪寒のある時に用いられます。

名前の由来となっている葛根には
肩や首の凝りを改善する作用があります。

イメージしてみてください
寒さで背中を丸めて縮こまっている様子を

そんな冬のカゼにぴったりの感冒薬ですね。


★桂枝湯:桂枝 芍薬 甘草 (生姜 大棗)
★葛根湯:桂枝 芍薬 甘草 麻黄 葛根 (生姜 大棗)
★麻黄湯:桂枝 麻黄 甘草 杏仁 



★ 麻黄湯
桂枝湯や葛根湯には含まれている
発汗し過ぎを抑える働きを持つ「芍薬」が、含まれていません。

虚弱な人に元気をプラスして薬の効果を高める(生姜 大棗)も
除去されています。

逆にプラスされているのは
鎮咳・去痰作用を持つ「杏仁」です。

咳嗽・喘鳴を伴うカゼの初期に用いる薬ですが
すでに、汗の漏れ出しているような虚弱な患者には適さず

構成生薬の少ないぶん
シャープな切れ味の、カゼ薬と言えます。



★ 桂枝加芍薬湯 については、また次回 (*^-^*)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

b0078729_14551294.gif人気ブログランキング

b0078729_1456211.gif広島ブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「なるほど!漢方講座」 定期購読のお申し込みは、こちらからお願いします★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by kanpoaroma | 2009-08-01 16:08 | 漢方
<< ウエルカムドリンク モロッコの風 >>